太田篤子 akoako diary

akoakoblog.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

この恨み‥‥。

マイコプラズマ肺炎で2,3日寝込んだ。
娘のがうつったのだけれど、大人の熱は結構こたえます。
だいたい、平熱35.8度なので、36.5度でもつらい私が
39度。これは、つらいっしょ。

でもさ~、私が体がよわると、私を看病しなければならない
はずの、あのお方も必ず具合が悪くなる。
「あのさ~、わたし熱があって具合悪いんだけど」
「えぇっ?ほんと?そういえば、なんだかおれも具合悪いんだよね」
「フン‥‥‥。やっぱりね‥‥‥」

だから、私はあまり看病されないんですわ。
そして、自分でひたすら寝る。とにかく寝る。
で、結構、すぐに治る。とどのつまり、強いんです。

昨日は、ワタクシ、息子と一緒のとき、本屋で
すべって転びました。
ところが、あの息子、他人のフリをしたんです!

「ちょっと、あんた!お母さんはころんだんだよ!」
「だって、はずかしいじゃん」
「おまえってやつは~~~~~」といいながら
すぐに立ち直るわたし。

私は、強すぎるんだわ‥‥。

だ・か・ら、奴らは甘えるんだ!


ほんと、なんなの、うちの甘えた男どもは!


今に見ておれよ。太田父子!

この恨み、絶対に晴らしたるわ~。
[PR]
by akoako-diary | 2007-10-22 20:13

コンサートネタ。

昨日、娘と一緒に「嵐」のコンサートを見に東京ドームに行ってきた。

かっこよかった~~。

ちゃんとクルマでもCDを聞きまくって歌をお勉強していったから

楽しかったよ。

やはり、コンサートは一緒に歌わないとね。これ、基本だにゃ。

でも、母は振り付けまでは気が回らんかったとです。

やはり、娘さんと一緒にきているママらしきひとがいたけど、

踊りにキレがあってびっくりしましたよ。


それにしても、ジャニーズは半端ないね。演出から、それこそ販売している

グッズまですべてが寸分の隙もなくお見事!

何年も、第一線を活躍しているアイドル達を輩出し続けているのも

本当にうなずける。

やはり、プロは気持ちいいね~。


学生時代はワタクシもよくコンサート行きましたよ。

やはり、80年代ポップスの王道Duran Duranでしょ。

Bruce springsteen、DARYL HALL & JOHN OATES、

Elvis Costello、U2‥‥

そういえばThe Manhattan Transferは一人でいったなあ。

あ、そうそうアリスとかピンク・レディーにも行ったな。

こうやって見てみると、いや~、節操ないね。

おまえには、統一性がないよ!ほんと。

まぁ、なんですか、基本、ミーハーっすね。

このラインアップは‥‥。でへ。


しかし、楽しかったなぁ、あのころ(遠い目‥‥)


いやいや、今も十分楽しいっす。はい。

目が遠くなったところで、わたしゃ、そろそろ寝るとするよ。

明日も早いしよ~~~。

おやすみずら~。
[PR]
by akoako-diary | 2007-10-09 23:25

読書の秋だよ。

なんだか今までのブログをみたら、文章が多いときに、

しかもそれらがくっついていると、私としては、ほんと、

読む気がしないのよね‥ということが判明。

これから1行空きにしてみようかなぁと今日は試しに1行空きです。


最近、私は、とっても、衝撃的に自分にあっている本を発見しました。

読んでいる間、なんだかとても満たされた気持ちになるというか、

かといって、別に癒し系の小説でもなんでもなく、

怖いような本なんだけどね。

もちろん、アカデミックな内容でもなく、平易な文体でかかれています。

それは、アガサ・クリスティ。

なにを、今さらとお思いなさるな。

これが、結構いいんですよ。

発売当時はアガサ・クリスティではなくメアリ・ウェストマコットという

名前で出した、推理小説ではない、普通の小説です。

アガサ・クリスティ著とすると推理小説だと思って

買ってしまった人をがっかりさせることになるから、当時は

名前を変えて出していたんだって。



こんなことを、私のような一般の人間が言うのは、

本当におこがましいと思うんだけど、

自分のフィーリングというか感性に、

クリスティがこれらの本の中で言わんとしていることが

まさにピッタンコくるのです。

実は、高校生のときに、「春にして君を離れ」という本は

すでに読んでいて、今回は再読です。

でも、あのころは、これ以上このシリーズ

を読もうとは思わなかったし、こんな気持ちにはならなかったね。

そんなところもまた興味深いよ。


みんな、何か本を読んで、この人の言ってることほんとわかる!

これこそ私の本だ!

と感激した経験あるかい?

私は、よく、いろんな本を読むけど、こういう経験は初めてでした。

また、クリスティのこのシリーズの本たちを読んだことがある人いますか? 

このシリーズは「春にして君を離れ」「愛の重さ」

「娘は娘」「愛の旋律」「未完の肖像」等いくつかあります。



「読書の秋」と思い、こんな話題にしてみましたぁ。ひらひら~(落ち葉の舞う様子)


d0005299_21121247.jpg

なんか表紙がハーレクインロマンスみたいなんだよな~~~
[PR]
by akoako-diary | 2007-10-04 19:01

痩せるって大変。

来年中学生になるウチの娘。
年頃とはいえ、身長はさほど伸びないのに体重は増加し続け、
事務所のオキマリナに「リーちゃん‥‥、また一回り大きくなったような」と
会うたびに言われていた。(そういうオキマリナも、毎日内臓脂肪に効くというお茶を事務所でことこと煮詰めて、ちゅるちゅる飲んでいまふ。そして、それを、「ちょっともらうよん」と私ももらうという構図だす。)
だって、娘、食べる量が尋常じゃない。もう、食べるのなんのって。
てなわけで、こないだ買った服がもう着れない!と、
はやりのビリーズ・ブート・キャンプをやってみたりしてた。
でも、2日やって、きつすぎると早くもギブアップ。
聞くところによると、ビリーってさほどやせないんだってね。
身体はしまって、筋肉は付くけどさ。

私の知り合いの話。
かなり太ってきた中年体型が気になって、ビリーを早速やり始めた。
でも、彼女のご主人(内科医)は懐疑的。
「運動なんてやったことない人が、いきなりこんなきついの毎日やったら、
つかれて免疫力が下がるだけだよ。無駄無駄、やめときやめとき‥‥」などと言う。 
でも、彼女「フン!今に見てろ!」と、なんと、あんなにきついのを毎日
やり続け、10日が過ぎた。
しかし、痩せたのは1キロにも満たなかった‥‥!ほわ~い????
がっくり‥‥ときたところで、11日目から40度の高熱がでてダウン。
「夫よ、あんたは正しかった‥‥」 
ビリーより夫を信じればよかったと気付くも時すでに遅し。
ほとんど食事もとれずに、うん、うん寝込んで3日がたちました…。

そ・し・て、3キロやせた‥‥。ビリーの新手の使用法が誕生した瞬間か?

だからさ~。結局、食べなけば痩せるのよね~。
でも、病気でもしなければ、食べるのをやめられないというのがきついよね~。

んで、あんたはどうなんだ?? と言う声が聞こえてきそうだが‥。
ん? わて? 私はビリーを夫、子供がやるのを横目で見ながら
「よう、やるわ~、このひとたち‥‥」とドライマンゴーをむしゃむしゃ食べてやした。

だって、旨いんだもん、ドライマンゴー。

だ・か・ら、変わりません。ちっとも…。 えぇ、ちっとも。
 
[PR]
by akoako-diary | 2007-10-01 09:21