太田篤子 akoako diary

akoakoblog.exblog.jp
ブログトップ

読書の秋だよ。

なんだか今までのブログをみたら、文章が多いときに、

しかもそれらがくっついていると、私としては、ほんと、

読む気がしないのよね‥ということが判明。

これから1行空きにしてみようかなぁと今日は試しに1行空きです。


最近、私は、とっても、衝撃的に自分にあっている本を発見しました。

読んでいる間、なんだかとても満たされた気持ちになるというか、

かといって、別に癒し系の小説でもなんでもなく、

怖いような本なんだけどね。

もちろん、アカデミックな内容でもなく、平易な文体でかかれています。

それは、アガサ・クリスティ。

なにを、今さらとお思いなさるな。

これが、結構いいんですよ。

発売当時はアガサ・クリスティではなくメアリ・ウェストマコットという

名前で出した、推理小説ではない、普通の小説です。

アガサ・クリスティ著とすると推理小説だと思って

買ってしまった人をがっかりさせることになるから、当時は

名前を変えて出していたんだって。



こんなことを、私のような一般の人間が言うのは、

本当におこがましいと思うんだけど、

自分のフィーリングというか感性に、

クリスティがこれらの本の中で言わんとしていることが

まさにピッタンコくるのです。

実は、高校生のときに、「春にして君を離れ」という本は

すでに読んでいて、今回は再読です。

でも、あのころは、これ以上このシリーズ

を読もうとは思わなかったし、こんな気持ちにはならなかったね。

そんなところもまた興味深いよ。


みんな、何か本を読んで、この人の言ってることほんとわかる!

これこそ私の本だ!

と感激した経験あるかい?

私は、よく、いろんな本を読むけど、こういう経験は初めてでした。

また、クリスティのこのシリーズの本たちを読んだことがある人いますか? 

このシリーズは「春にして君を離れ」「愛の重さ」

「娘は娘」「愛の旋律」「未完の肖像」等いくつかあります。



「読書の秋」と思い、こんな話題にしてみましたぁ。ひらひら~(落ち葉の舞う様子)


d0005299_21121247.jpg

なんか表紙がハーレクインロマンスみたいなんだよな~~~
[PR]
by akoako-diary | 2007-10-04 19:01